あなたに、ベストウェイ。 NEXCO 東日本

エントリー
RECRUITING INFORMATION 2018
 

MESSAGE 社長メッセージ

高速道路ビジネスを通して日本経済発展に寄与。私たちの経営理念に共感してもらえる人を求めています。

高速道路のプロフェッショナルとして震災復旧にも寄与

NEXCO東日本グループが管理運営する高速道路は、関東以北、長野、新潟を含め北海道まで総延長は約3,800㎞に及びます。高速走行空間をお客さまがいつでも安全・安心・快適・便利にご利用いただけるよう、高速道路のプロフェッショナルとして、サービスエリアやパーキングエリア等も含め、細心の注意を払って管理運営に臨んでいます。2011年3月に発生した東日本大震災ではグループを挙げて緊急復旧工事に着手し、約20時間後には緊急交通路を確保、自衛隊や消防などの広域におよぶ救出・復旧活動に寄与しました。13日後には、ほぼ全線で通行路を確保した活動は国内外から高く評価されました。

私たちは、「高速道路の効果を最大限発揮させることにより、地域社会の発展と暮らしの向上を支え、日本経済全体の活性化に貢献する」ことを経営理念に掲げています。その実現にあたっては、高速道路を取り巻く環境変化に対応しながら"最適解"を導くべく努力を続けています。日本の高速道路はいま転換期にあります。東日本大震災クラスを想定した地震対策をはじめ、老朽化対策のための大規模更新、適正な高速道路料金のあり方、ミッシングリンクの解消、冬期の気象特性に対応した雪氷対策の実施、ITS(高度道路交通システム)を含めた独自の技術開発力の強化等、私たちが取り組むべき課題が山積しています。NEXCO東日本グループでは総勢14,000名の社員一人ひとりに、またすべての職場の隅々に至るまで「安全をすべてに優先させる」意識を徹底し、日々の業務の中でこれを実践することにより、グループ一体となって高速道路の安全を確保すべく努力しています。

失敗を糧にチャンスをつかみ成功につなげる若き人材に期待

私たちは2016年10月、創立11周年を迎えました。民間企業としてのスタートから、いま新たなフィールドを切り拓こうとしています。その一例が海外の高速道路事業への挑戦です。高速道路の建設・管理、コンサルティング業務の受注など、重要な社会インフラづくりに貢献すべく、既存の枠組みにとらわれることのないグローバルな展開を視野に入れています。

私たちの次代を担う若き人材には、経営理念に共感を覚えその実現に向かう使命感を求めます。そして、失敗を恐れることなく勇気を持って新たなステージに挑戦する意志を持ってほしい。最初は失敗の連続かもしれません。しかし、失敗を糧にチャンスの女神をつかみ、成功へとつなげる強靭な意志こそ次代を拓く原動力です。地域の活性化はもとより、日本経済の発展に資する私たちの仕事に共感する若者に期待しています。

東日本高速道路株式会社 代表取締役社長 廣瀨  博
Copyright © East Nippon Expressway Company Limited All rights reserved.